のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson8| のだめカンタービレ アニメレビュー(ホーム) | のだめオーケストラジオ(Webラジオ) ただいま待機中…


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson7

アニメ「のだめカンタービレ」を文章で見たい!という方のために。


『』内=モノローグ
ナレ=ナレーション
字幕=字幕になっているもの(一部省略)

キャストについては、公式HPを参照のこと


◆◆◆

字幕)初心者のためのオーケストラ入門

<コンサートホール・Sオケ練習中>

峰『コンサートマスター。
コンマスとは、指揮者の次に偉い、オーケストラのリーダー、第一バイオリン奏者。
コンマスはオケをリードし、ボーイングを決め、独奏部分があればソロを弾く。
そして、指揮者のタクトだけでは合わせられない、演奏の細かいタイミングなどを、目や動作で合図する。
さらに優秀なコンマスは、指揮者が表現しようとしている音楽を、意志を、レーダーのごとくキャッチし……』

血管が浮いている悩ましげな千秋。

峰『キャッチ…し…』
千秋の表情の意味が分からない峰。
峰『なに悩んでんだ?』

千秋「ストップストップ!」

峰『来た来たー! 今度はホルンか、オーボエか?』

千秋「お前だコンマス!
峰「はう!」

峰に指揮棒が直撃!
千秋「さっきから何やってんだ!」
峰「何って、俺は千秋の棒をちゃんと見て」
千秋「周りの音を聞かないでどうする! 楽譜も見ろ! オケを路頭に迷わす気か!」
峰「でも俺!」
千秋「コンマスおろすぞ!」
峰「ひぃぃぃ! それだけはご勘弁を!」
千秋「それからホルン! まだ全然合ってない! もっと音を溶け合わせて、ピッチも悪い! それからチェロ!」

<中華料理屋・裏軒>
教官たちがご飯を食べている。
「今日も練習しているみたいですねぇ、Sオケ。シュトレーゼマン先生が指揮を辞めてしまったのに、存続させる意味あるんですか?」
「ないでしょ。解散させますか?」
谷岡「でもSオケの指揮って千秋君がやるんでしょ? 面白そうだねぇ」
「またまたー、谷岡先生は」
「千秋ってピアノ科でしょ? 指揮なんかできるんですか?」
「私のクラスにもSオケの子がいて、打倒Aオケなんて言ってはりきってるんですよ」
「でー、どうなんです? その子」
「それが乱暴な演奏をする子で」
「あはははー、やっぱり。それで打倒Aオケなんて」
「解散させましょ」
谷岡「でもマエストロ・シュトレーゼマンも、打倒Sオケって叫んでましたが」

……沈黙……

「じゃ巨匠にはSオケを打倒してもらって、それから解散ってことで」
谷岡「え」
「ははは、そうしましょう。あんなオケ、大学の恥」
厨房の中では、菜っ葉包丁を光らせる峰父……(こわい)
(「限定 打倒Aオケラーメンはじめました」の立て札あり)

<Aオケ・コンサートホール>
シュ「ハーイみなさん、今日の練習はここまでデース。次の練習は来週だからよろぴく~」
帰ろうとするシュトレーゼマンを引き止めるコンミス。
コンミス「あの!」
シュ「ん?」
コンミス「まだ練習40分しか」
シュ「あーダイジョブダイジョブ君たちお上手だし」
コンミス「でももっと指示とかしてもらわないと。定期公演まで時間ないし」
いきなり怒り出すシュトレーゼマン。
シュ「ワタシも今時間ないんですよ! 予約してあるんデス!」
コンミス「は、はい!」
シュ「分かればよろし。じゃねー。つる子ちゃんとデート♪」
足取りも軽く去っていく巨匠……
コンミス『本当に、これが巨匠?』

<キャンパス内>
そんなシュトレーゼマンを呼び止める一人の生徒。
大河内「先生! お願いします! 用事があるなら、僕に代理で指揮させてください!」
シュ「君、ダレ?」
大河内「大河内です。指揮科で先生に教わっている」
シュ「ああ、指揮科の子ね」
大河内「Sオケじゃ、千秋に副指揮者やらせたっていうじゃないですか! 僕にもオケを振らせてください!」
立ち止まり、ゆっくりと振り返るシュトレーゼマン。
シュ「見返りは?」
大河内「は?」
シュ「人にものを頼む時には、何か差し出すものでしょう? 日本の常識、そでのした」
大河内「…そ、そでのした…」
シュ「そんなことも知らない人が私の代理などおこがましいです。鏡の前でお箸でも振ってなさい!」
ぷりぷりと怒って行ってしまうシュトレーゼマン。取り残された大河内…

<コンサートホール・ロビー(Sオケ練習中)>
ポスターを見ているのだめ。
のだめ「ほぉぁ~しゅごい~…ぶー、千秋先輩の写真小さい…でも部屋に飾ろう♪」
その時、リハーサルを覗いている一人の男を見つけて…
のだめ「あーだめです、ホールに入っちゃ~」
大河内「なんで! ちょっとリハ見るくらいいいだろ!」
のだめ「だめです、千秋先輩が誰も入れるなって」
大河内「千秋だぁ?」
その異様な反応にのだめは。
のだめ「あなた、Aオケのスパイですね!」
大河内「スパイじゃねぇ!」
のだめ「スパイはみんなそう言いマス!」
大河内「俺はAオケの人間じゃねぇ! 俺様は、指揮科の大河内守だ! 知ってるだろ!?」

のだめ「……あ?」

と、その時、いきなり一人のSオケメンバーが飛び出してくる。
(ドアにつぶされる大河内)
ユキ「もういやー!」
真澄「ユキちゃん待って!」
椅子に突っ伏して泣き崩れているメンバーを慰める真澄。
ユキ「もう私耐えられない」
真澄「だめよユキちゃん、逃げちゃダメ。千秋様に怒られているのは、あなただけじゃないのよ」
ユキ「でも私、もう自信ない」
真澄「そんなことない! あんた、この一週間でものすごくうまくなったわよ」
ユキ「ほんと?」
真澄「ほんとよ。今日はちょっと疲れてるだけよ」

とその時、またもや再びドアが開いて(大河内がつぶされる…)
峰「わあああー!千秋のバーカ!」
峰が泣きながら飛び出してくる。
メンバー「峰君待って! 逃げちゃダメ! あなたうまくなったわよ」
真澄「コンマスが逃げ出してどーすんのよ!」

するとメンバーがぞろぞろと出てくる。
「今日はもう終わりだってよ~」「くっそー千秋のやつー」
「あいつは鬼だ! ボナパルトだ」「すっげーむかつく」
岩井「おい峰泣くなよ。コンマスだろ」
「あそこまでボロクソに言われちゃぁねぇ」
岩井「ま、全部本当のことだったけど」
「言い方ってものがあるだろーが!」「あいつ何様のつもりだよ!」
「ボイコットしてやるか」

そんなメンバーの様子を見た大河内。
大河内「ふっははー、千秋随分オケに嫌われちゃって。これじゃ指揮者失格だな」
のだめ「失格!」
大河内「巨匠に指揮を任せられるくらいだからどんなにすごいかと思えば、やっぱ金でも積んだか(金ならうちだって出せる)…指揮者はまず人間性。千秋真一恐るるに足りず!」
そうして機嫌よく帰っていく…
大河内「定期公演が楽しみだぜ~あっはっはっは」
悔しそうなのだめ。

<マンション・千秋の部屋>
スコアを前に考え込んでいる千秋。

『くっそー、あいつら早弾きは出来るくせに、なんでここの一音がクソなんだ』

そんな千秋にのだめは。
のだめ「あ、あのー、ご飯忘れてるようなので、のだめ作ったんですけど」
千秋「いらねぇ」
のだめ「そんなこと言わずに。食べないと体壊しちゃいますよ」
そうして千秋の前に現れたのは。
のだめ「実家から送られてきたお米とのりなんです。すっごくおいしいですよ。のだめおにぎりは失敗したことないんです」
(おにぎりしめて18個)
千秋「おにぎりに失敗なんてあるのか?」
のだめ「あ、そだ。食べながらビデオでも見ませんか? のだめのすっごい好きな映画なんです」
千秋「…ぇぇ映画?」
のだめ「千秋先輩煮詰まってるみたいだし、いい気分転換になるかもしれないですよ」
ビデオをセットし始めるのだめ。

千秋『なんだぁ? のだめのやつ…急に何をたくらんでるんだ?』

ふと、かすかな期待を抱く千秋。

千秋『あ……その映画に何か』

のだめ「よし、行きますよー!」

<映画・プリごろ太 宇宙の友情大冒険>
のだめ「わ~(楽しそう)」(千秋呆然)

カズオ「すっげー、やっぱ宇宙は広いぜ!」
マイケル「ですね(ほんとにね)」
リオナ「すってき~! 私宇宙って初めて~」

プリリン「ごろ太、さっき渡した宇宙飴、1粒で1時間よ。なめなきゃ死ぬわよ。忘れないでね」
ごろ太「1粒で1時間だね。分かったよ」

クレーターを眺めているごろ太。
カズオ「おいごろ太! お前宇宙飴忘れてるぞ」
そうしてカズオは、ごろ太に宇宙飴を渡す。
カズオ「ったく、なめなきゃ死んじまうぞ」
ごろ太「あ、うん…ありがとう、カズオ君」

宇宙船が壊れる。
カズオ「ごろ太のせいだどうしてくれるんだー!」
ごろ太「カズオ君がやったくせにー」
カズオ「俺のせいはお前のせいだ。ごろ太ひとりで直せよな。その間あっちで野球しようぜ。俺ピッチャーな」
リオナ「じゃ私バッターね」
マイケル「じゃ僕がキャッチャーですか?」
一人で泣きながら直しているごろ太。
ごろ太「うう…なんで僕が……」

カズオが宇宙船の外で絶体絶命のピンチ(飛ばされそうになっている)
ごろ太「どうしよう、カズオ君が飛ばされちゃう。助けなきゃ」
リオナ「でも下手をすると私たちも宇宙のもくずよ!」
マイケル「ミイラ取りがミイラですか?(こりゃ無理だよ)」
プリリン「見なかったことにする?」
ごろ太「ひどいよみんな! 助けようよ!」
リオナ「…ごろ太…」
ピンチのカズオ。
リオナ「彼がいなくなればもういじめられることはないのよ」
プリリン「そうよそうよ」
マイケル「僕も自由の身になれる。宇宙にも平和が!」
ごろ太「でも、カズオ君はさっき僕に宇宙飴をくれたんだ!」

助けに行くごろ太。
ごろ太「あの時、カズオ君が教えてくれなかったら、僕は死んでたんだ!」
カズオを助けるごろ太。
カズオ「ごろ太、今までごめんな」
ごろ太「いいんだ、カズオ君。
僕、宇宙に来て分かったんだ。
宇宙でも、地球でも、人間は一人じゃ、生きられないって。
愛と友情がなきゃ、生きられないって…!」

のだめ「何度見ても感動ですー」
号泣ののだめ。ドン引きの千秋。
のだめ「ね、先輩もカズオの気持ち分かるよね。似たもの同士」
おにぎりをのだめに投げつける千秋。
千秋「誰が似たもの同士だ!
のだめ「ぎゃぶー!」
おにぎりまみれになっている哀れなのだめ。
千秋「ふざけんな!」
のだめ「ほらカズオ」
千秋「コロがすぞ」
のだめ「それがカズオ」
千秋「……」
のだめ「に、似たもの同士…」

千秋「何が言いたいんだお前はー!!
のだめ「ぎゃぼーー!

<コンサートホール・Sオケ練習中>
いつものように練習が始まる。が、ふと千秋は気がつく。

『…!…すごい、出来てる…ゴミみたいだった一音が……
チェロも、ホルンも、今日はみんな弾けてる…
俺の指示通り、楽譜どおり』
だが、すぐに別の変化が訪れる。

『…でも、なんだこれ…音が少しずつ、微妙にずれて…』

そして気がつく。
『みんな、指揮を見てない…』

ふと思い出す。
見捨てられそうになったカズオ…

字幕)キモチワルイ…

ティンパニーが響く。
真澄「千秋様!」
メンバーはその時、やっと千秋の様子に気づく。

指揮棒が落ちる。

千秋『…音に……酔った……!?』

気がつくと、峰が腕を引いていた。千秋が倒れこむ前に。
峰「千秋!」

脳裏を横切る…

千秋『あ……宇宙飴…』

<マンション・千秋の部屋>
ソファに横になっている千秋。
のだめ「わぁぁ~昨日のだめが作ったおにぎり、三つしか食べないからですよ。ちゃんと食べてベッドで寝てください」
のだめはまたもやおにぎりを持ってきていたのだが。
(ほかほかしてておいしそう)
千秋「もういい、それ」

『はぁ…ちょっと音に酔っただけなのに、峰が大げさに騒ぐから』

千秋「それよりリハ、参ったな。公演まで明日一日しかないのに」
のだめ「千秋先輩、ボイコットなんてされてないですよね」
千秋「あはは、まさか」

『一瞬、されたかと思ったけど』
(峰「ごめんな千秋、俺楽譜見るのに必死で、指揮見るの忘れてた~」
「あたしも」「ごめんなさい」)

『今日の練習、みんな弾けてた…あれがSオケの3番…
でもあれが、俺の求めていた3番?
違うだろ…やっとまともな路線に乗って、俺の言うとおりの演奏もしてくれてる。
でも何かが違う……何だ?』

その時、のだめのピアノが。
千秋「!」
のだめが弾いていたのは、ピアノ版の交響曲第3番。
千秋「え…お前、覚えてたのか」
のだめ「だって、毎日Sオケ聞いてましたから。いい曲ですよね~これ」
そうして楽しそうに弾き続ける。
思わず聞き入る千秋。

『相変わらずめちゃくちゃだけど、すごい…あの時と同じだ…
湧き上がる、はしゃぎまわる、迫ってくる…
純粋で、計算のない個性…』

脳裏に浮かぶ、あくの強すぎるメンバーたち。

『あ……そうか……あいつらみんな、のだめなのか…!』

とても楽しそうなのだめ。

『巨匠があいつらを選んだ理由…』

<コンサートホール>
峰「ええー! 演奏を全部変える?」
千秋「うん、悪いけど、今までのは全部忘れてくれ」
峰「忘れろって、公演は明日だぞ?」
千秋「今日一日でやり直す」
峰「そんな! せっかくまとまってきたのに! なんで!」
千秋「ごめん、俺の勝手で、振り回して。でも、もっとよく出来るから」
そして、峰の肩に手を置く。
千秋「頼むよ、コンマス」

峰の耳に、“コンマス”の響きがこだまする……!

峰「よっしゃー! よくわかんねーけどやり直しだー!」
なんとも言えない表情のメンバーたち…

千秋「音のみで表現しろって言ってたけど、何かをイメージしてやるのも、いいかと……
だから、はじめにコンマスがやろうとしてた…ナポレオン?
まぁアホっぽいけど、そういうイメージも大切にしてみようと、思う」
峰「千秋、いいのかあれで?」
千秋「あのままじゃだめだけど、俺なりに考えてきたから、やってみようか」
峰「おー!」
そして、あらためてメンバーに向かう。
千秋「じゃ、頭から」

<コンサートホール・Aオケ>
シュ「はい、オッケーデース」
コンミス「間に合った~」
メンバー「なんとかなりましたねぇ」
シュ「じゃ、明日の公演、頑張りましょう」
メンバー「はーい」
客席で練習を見ていた大河内。

大河内『結局、一度も指揮させてもらえなかった……袖の下だってちゃんと渡したのに……』
(でもシュトレーゼマンは興味なし)
大河内『くそぉ、なぜだ! 千秋なんかより、僕のほうが才能あるのに!』

<コンサートホール>
公演当日。ホール舞台袖。
のだめ「はうー、すごいお客さんですよ」
客席を見て驚くのだめ。
のだめ「皆さーん準備は出来ましたか?」

だが舞台裏では…
千秋「何でお前らTシャツなんだよ!」
峰「だって、泊まり練習で家に帰る暇なかったじゃねーか」
真澄「せめてお風呂に入りたい」
佐久「なんで千秋様フォーマルなんか持って…」
のだめ「のだめが持ってきたんです。妻だから」
脱ぎ捨てる千秋。
千秋「くそ!(のだめ:ぎゃぼ!) こんなの着てられるか! 恥ずかしい!」

そこへ。
係員「Sオケの皆さん、そろそろ出てください」

石になる峰、慌てる真澄、焦るメンバーたち。
千秋「おい、落ち着け」
タイをはずす千秋。

千秋「リハは完璧。あとはSオケの初舞台、楽しめばいいから」
峰「千秋…」

そして本番。
千秋の登場に沸き立つ客席。

教師「あ~心臓に悪い」
教師「Aオケの前座とはいえ、あまり恥をかかせんでくれよ」
教師「すでに、Tシャツですが…」

千秋のタクトがあがり。
そしてSオケの演奏が始まる。

予想外の演奏に驚く教師たち。
『え…?』『嘘…』
『本当にこれが、落ちこぼれのオケか? いや、だったのか?』

楽しそうに演奏する峰。
真紀子「あっはは、派手、あのコンマス」

教師『あの子、あんなに弾けたっけ…?』
教師『だとしたら…』

峰のアイコンタクトが千秋に届く。

千秋『おいおい、アレをやる気かよ』

合図を返す千秋。
千秋『まぁいいか。ただし…やるなら……ここだろ?!』

バイオリンのパフォーマンス。
客席が笑いに沸く。
真紀子「あっははは、かっこいい!」
頭を抱える教師たち。

千秋『これでもう、正当な評価は消えたな…』
本当に楽しそうなメンバーたち。

千秋『…でも…』

演奏は続く。
のだめの耳にも、心地よく響く。
そして客席の後ろには、少し満足そうなシュトレーゼマンが。

スタンディング・オーベーションの客席。
握手を交わす千秋と峰。
峰「な、気のせいか笑いが混じってるような…」
千秋「気のせいじゃねーよ」
それでも、なんともえない達成感。

千秋『……ま、とりあえずこんなもんだろ』

<ホールのロビー>
大河内「あんな下品な演奏! 子供だましだ最低だ! 派手にやりゃいいってもんじゃないっつーの! 千秋のやつカッコつけやがって!」
怒りに任せて椅子をがしがしと蹴っている大河内を、シュトレーゼマンが見つけた。
シュ「あーキミキミ、君ずっとAオケのリハ見てたよね」
大河内「は、はあ」
シュ「曲、勉強してあるんだよね」
大河内「もちろん! 完璧ですよ!」
シュ「じゃ、ボクの代理、よろしくね」
ぽん、と楽譜を手渡される大河内。
大河内「えっ」
シュ「ボクお腹痛くなっちゃった~」
大河内「ああっ」
シュ「帰って寝る」

峰ナレ:そしてAオケは、大河内守の名と共に、以後語り継がれる、伝説の舞台を作り上げてしまったのだった。

<裏軒>
教師たちが話している。
「存続させましょうか、Sオケ」
「異議なし」
「千秋君には、あったほうがいいでしょ」
「あの子は特別です」
「他の生徒にも、いい影響を与えているようですしね」
「ああ、峰君とかねぇ」
嬉しそうなご主人(峰の父)。作っているのはチョコレートパフェ。

のだめ「はぁ…」
学校のベンチで、千秋が寝ている。
のだめ「はぁ…なんと無防備な……」
まさに今がチャンス!
のだめは身をかがめて…

「しゅ、しゅきあり!」

そして「ぎゃぼー! うきゃー!」とうれしそうに走り去るのだめ。

千秋『バーカ……これはお礼だからな』

だが、のだめの頬チューを見ていた人が一人。

シュ『…!!……千秋…次はどうしてくれようか…!』

めらめらと燃える嫉妬と闘志に、千秋が気づくわけもなく……

次回予告
のだめ「先輩、ミルヒがミルヒが!」
千秋「嘘だろ…!」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト目次

のだめカンタービレOVA 感想
のだめと千秋の海物語

のだめカンタービレフィナーレ 感想
Lecon11
Lecon10
Lecon9
Lecon8
Lecon7
Lecon6
Lecon5
Lecon4
Lecon3
Lecon2
Lecon1

のだめカンタービレ巴里編 感想
Lesson11
Lesson10
Lesson9
Lesson8
Lesson7
Lesson6
Lesson5
Lesson4
Lesson3
Lesson2
Lesson1

のだめカンタービレ 感想
Lesson23
Lesson22
Lesson21
Lesson20
Lesson19
Lesson18
Lesson17
Lesson16
Lesson15
Lesson14
Lesson13
Lesson12
Lesson11
Lesson10
Lesson9
Lesson8
Lesson7
Lesson6
Lesson5
Lesson4
Lesson3
Lesson2
Lesson1

のだめカンタービレ(アニメ第1期) 終了記念ランキング!
<まとめ編>
<番外編>
<その他のキャラ編>
<千秋編>
<のだめ編>

のだめカンタービレ
のだめカンタービレ(アニメ) 2009年大晦日に一挙放送!
のだめカンタービレ最新22巻(DVD(OVA)付き初回限定版)が発売
アニメ「のだめカンタービレ巴里編」サウンドトラック 絶賛視聴中!
のだめカンタービレ巴里編 2008年10月放送開始!
のだめカンタービレ(アニメ)のサントラ ただいま絶賛中!
のだめカンタービレ(アニメ) ただいま考察中

のだめオーケストラジオ
第1回
Webラジオがスタート

のだめカンタービレの音楽会
のだめガラ編
桃ケ丘編


のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson8| のだめカンタービレ アニメレビュー(ホーム) | のだめオーケストラジオ(Webラジオ) ただいま待機中…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。