のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson23| のだめカンタービレ アニメレビュー(ホーム) | のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson21


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson22

アニメ「のだめカンタービレ」を文章で見たい!という方のために。


『』内=モノローグ
ナレ=ナレーション
字幕=字幕になっているもの(一部省略)

キャストについては、公式HPを参照のこと


<マラドーナ・ピアノコンクール・本選>
のだめの演奏が、突然止まる。

千秋『止まった…?』

静寂を破って演奏されたのは、のだめが電車の中で聞いた携帯の着信音。
(この演奏は、のだめオーケストラSTORY!に収録されています)

(客席)
「あれ、復活した?」
「でもこれ、ペトルーシュカじゃないわよね」

千秋『これは……あいつ…曲、忘れたのか?』

とにかく必死で演奏し続けるのだめ。

審査員たち『どういうイメージなんだ?』
『なんてこと…』

千秋『人形遣いに蹴飛ばされ、牢獄のような小屋に放り込まれてしまう、道化師人形、ペトルーシュカ。
人形遣いに対する、怒りと恐怖。手に届かないものを思う、幸福感。
夢と現実の区別がつかなくなった、道化師の、哀れな最後』

演奏が終わる。
お辞儀をして去って行くのだめ。
会場はそれでも、温かい拍手に包まれた。

千秋『いくらいい演奏をしても、曲を変えて弾くことは、コンクールの場では論外だ。
結局間に合わなかったってことか…それでも……』

<審査員室で審査中>
「あの子、思った以上に特異な子でしたね」
「あれは大きな不発弾を掘り当てたと思ったら、いきなり爆発したって感じだね」
「ははは、確かに。お客さんしっかりつかんじゃったからね」
「笑い事じゃないでしょう」
「いやでも本当、すごかったよね。18番、メグミ・ノダか。まそれは置いといて、どうします、今回の1位は」
考えているオクレール。

オクレール『メグミ…ノダ…』

<審査結果が発表される>
「第4位、№8、坪井隆二」
「3位、№10、内館秀美」(字不明)

かおり「坪井君良かったわね~」

「そして1位なしの2位、№21、瀬川悠人」

(客席)「やっぱなしか」

瀬川『なんで1位がなしなんだ』
瀬川母『なんで1位なしなのよ~!』

征子「こんなに楽しいコンクールなら一次から見に来てれば良かった。ねえ真一、この後のだめちゃんとお話しする時間、取れないかしら……て、あら~?」
千秋は客席にはいなかった。

<ホールの外>
千秋は、荷物が入った袋を背に帰っていくのだめを見つけた。
千秋「のだめ」
のだめ、かなり落ち込んだ様子で(でもなんかちょっと怖い)振り返る。

千秋『野放しにはしておけない…』

千秋「来年……来年、俺と一緒にヨーロッパに行かないか」
のだめ「…!」
千秋「ピアノを続けるなら、うちの学校の院に行くより、お前には向こうのほうが合っていると思う。海外でもっと、いろいろなものを見て、感じて、経験して…」

千秋『…一緒に…!』

のだめ「…なんで…なんでそこまでして勉強しなきゃいけないんですか」
千秋「え、な、なんでって、お前ピアノを本気でやる気になったんだろ? だからコンクールに」
のだめ「コンクールに出たのは賞金」
千秋「!」
のだめ「お金が欲しかったからですよ…遊ぶ金欲しさにですよ!」

千秋『金…』

のだめ「なんでみんな、勝手なことばっかり…いつも、いつも…」

(回想)
『君は上を目指すんだ』

のだめ「昔から…」

(回想)
『世界に羽ばたけ!』
『なぜ言うとおりに弾かない!』

のだめ「そういうの、もうたくさんなんですよ! 自由に楽しくピアノを弾いて、何が悪いんですか!」

千秋「……お前、コンクールで、あの舞台でピアノを弾いて、本当に楽しくなかったか?」

のだめ、顔を伏せたまま。
のだめ「楽しくなかったです」

千秋「…分かった、もういい」
千秋はのだめの側を通り過ぎながら。
千秋「今日あれだけ楽譜通りに弾くお前を初めて見た…すごく、いい演奏だった」
取り残されたのだめ。
のだめ「それでも、駄目だったじゃないですか…」

<裏軒>
字幕)12月

峰「ひぃぃ! どうしよう、卒業試験、忘れてた! 何で次の公演が1月なんだよ。思っきりかぶってんじゃん」
三木「ニューイヤーコンサートやりたいって言い出したの、自分でしょ?」
峰「何で皆止めなかったんだ。皆だって試験だろ?」
三木「試験前に取り乱すほど勉強してないのは、あんただけなんじゃ……私が勉強見てあげよっか?ドイツ語?」
峰「返せ! 勉強まで馬鹿にされてたまるか」
三木「馬鹿なんだ…」
峰「せんせー、またなんとかしてくれない?」
そう言って振り返った先には、千秋。
千秋「やだ。もう二度と教えないと神に誓ったんだ」

2年前の後期試験の様子(DVDなどでご確認ください)

峰「そんな、せめて、副科ピアノだけでも」
千秋「やだ。俺だっていろいろ忙しいんだ」
峰父「ははは、龍、ピアノだったらのだめちゃんに教わったら?」
峰「おお親父、いいこと言った! そうだのだめ!」
三木「のだめ?」
峰「千秋言っといてよ。飯出すからまた合宿しよって。あいつも試験じゃん」
千秋「自分で言えば。俺も最近会ってないし」
峰「え?…夫婦喧嘩か?」
千秋「夫婦じゃねえ!」
峰「ま、まさか別れたのか!?」
千秋「なぜそうなる!」
三木「へえ、千秋君彼女いるんだ。どんな子どんな子?」
峰「ひと言で言うと変な女だ」
三木「は?」
峰「世にも奇妙な変態動物物語…」
三木「…はあ…?」
峰「でもよ千秋、仲直りしろよ。もうすぐクリスマスだぞ。悪いが、今年俺は付き合ってやれないぞ」
千秋「結構だ!」
峰「真澄ちゃんと高橋君に襲われるぞぉ?」
峰父「あ、そういえばのだめちゃん、今年は実家へ帰るって言ってたな」
(字幕 三木←世にも奇妙なピアニスト?)←まだ考えてる
峰「げっ、駄目じゃんそれ、副科ピアノ……ぎゃーぼー! どーしよー!」

千秋『あれから、あいつの部屋からは、ピアノの音さえしてこない。
もういい……俺には関係ない』
(モノローグは、のだめがアパートに鍵を掛けて実家に帰っていくシーンとかぶります)

<のだめの実家>
字幕)福岡県大川市

のだめ父「あけまして、おめでとうございます」
(うわ大川さんだ!)

全員「今年もよろしくお願いします」

正月の豪勢な料理を、家族みんなでつつく野田一家。
(もし間違ってたら笑って見逃してください…)
父「ははは、いや~そげんしてっちゃ、こげん全員そろうての正月っちゃ、えらい久しぶりやんか」
母「恵は2年ぶりやけんね」
祖母「ほんなこつ。恵はいっちょん帰ってこんやったばってん」
父「東京で遊んでばっかおったとじゃなかろうなあ」
母「留年しとらんとやけん。よっぽど頑張りおったとよ」
父「そらそうたい」
母「えらかえらか」
祖父「ほら、恵、佳孝、お年玉」
弟「やった、サンキューじいちゃんばあちゃん!」
祖母「そういえば、恵はこれで最後やんね」
父・母「!!」
母「本当に最後になるならよかけど…」
父「どげんする気でおっとかね、恵は今年…」
弟「どげんもならんね」
父・母・祖父・祖母「えっ」
弟「姉ちゃん、教育実習行かんかったとよ。就職活動もしよらんこったし、姉ちゃん、今年からうちの不良債権決定ばい!」

祖父「ふ」
父・母・祖父「不良債権!?」

父「め、恵…お父さんと一緒に、海苔、すっか?」
祖父「なんば言うか! 身代つぶす気か!?」
(字幕 海苔養殖業)
佳孝「あ! なんこれお年玉! なんで姉ちゃんのほうが多かとや! 1000円も!」
祖母「そげんゆうたっちゃ、恵は姉さんやし、佳孝はバイトしよろうも」
佳孝「誰のせいで俺がバイトしよるっち思いよっとかや! だいで、姉ちゃんにばっか金遣うて、高い金出して音大行かして、結局不良債権やっかや!」
母「ばってん、恵からピアノ取ったら何が残るねん。普通の大学やったら入れんやったんやろうし」
(字幕 母←断言)
父「そげんばい! 音大ば出とったらどげんじゃいすっと! 世間は音大出のお嬢さんて見てくるっとぞ。もしかすっと、嫁の行きてでっちゃ…」
佳孝「あるわけなかろうも!」
のだめ「ごちそうさまでした」
よろよろと部屋を出て行くのだめ。
母「恵、お雑煮は?」
答えもせず、部屋を出て行く。
父「恵はどげんしたとか」
佳孝「おかしかとは、元からやろうも」
父「んにゃ、そいばってん、やっぱ変やろ」

のだめ、部屋でプリごろ太のゲームをしている。

父「恵が帰ってきてから、一回もピアノ弾いとらん…そげんことはあん時以来はじめてたい」

それは、身内も知っている、のだめの心の傷。

『何度言ったら分かる! なぜ言うとおりに弾かない!?』
手を叩かれるのだめ(幼年)。仕返しに先生の腕に噛み付く!
『ぎゃぼ!』
張り倒されて、部屋の隅まで転がっていくのだめ。
怪我をした額からは、血が流れて。

父「あん時も、恵は長いことピアノに触りもしよらんかった…」

<ところ変わって、こちらは東京>
とある店で待ち合わせていた佐久間と千秋。
佐久間「あけましておめでとう。今年もよろしく…」
千秋「どうも」
サングラスに無精ひげの千秋。コートを脱いで椅子に座る。
佐久間「なんか…山ごもりでもしてたみたいだね、千秋君」
千秋「ま、勉強とかずっとリハが続いてるんで、そんなようなもんです。それで、松田さんの件はどうなりました」
佐久間「うん、ライジングスターオケのことはすごく気に入っているよ。ただ、今の主要なメンバーがいなくなること、随分気にしてて」
千秋「ああ、それは心配ないです。次の公演を見に来てくれれば分かります」
千秋はウエイトレスに「コーヒーにハムサンド」とオーダーする。
佐久間「すごい自信だね、相変わらず。でも楽しみだな。今度は全部新しい曲やるんだって? またいろいろな人を連れていくよ。君の最後の公演だからね」
千秋「佐久間さん」
佐久間「ん?」
千秋「いろいろとありがとうございます。ヨーロッパの情報とかも」
佐久間「ああ」
千秋「それで、よく考えたんですけど、佐久間さんのアドバイスどおりの方向でいってみようかと」
佐久間は思わず千秋の手を取り。
佐久間「そうか! いや、それは良かった! うん、君なら絶対うまく行くよ」
千秋「あ、あの、どうしてそんなに良くしてくれるんですか」
佐久間「え?」
千秋「期待してくれるのは嬉しいんですけど…」
佐久間「ブラームスにコッセルやヨーゼフがいたように、歴史に名を残す音楽家には、才能だけじゃなく、人との大事な出会いがあるものさ。僕も、そういう人間の一人になりたいんだよ……なんてね」

<ヴェルトラウムホール>
(字幕 一月三日)
R★Sオケのニューイヤーコンサート、開演。

ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲。
オケのメンバーが一部入れ替わっている。

佐久間『ファーストフルートが替わってる……オーボエに、チェロ……ホルンも。
しかも…コンマスまで違う』

客席「わ、素敵」

佐久間『そうだ、彼はブッフォン国際で3位だった、高橋紀之。
それに…あの二人……どこかで…』

大川「クラシック界のゴージャス姉妹、鈴木萌ちゃん薫ちゃん…デビューCD、入り口で売ってたよ」
佐久間「……」

舞台袖。

真澄『本当にうまくなって……良かったわね、萌、薫』

河野「きゃーすごいすごい! 新しいメンバーがいっぱい可愛い子もいっぱい! 高橋くーん」
大川「ああ、しかもかなり腕のある子ばかりだ。コンクールで見たことあるような」

佐久間『さて、次はいよいよ……三木清良の、ヴァイオリン協奏曲』

サラサーテのカルメン幻想曲。
うっとりしている客席。

三木『新しいメンバーをお披露目しなきゃいけないこの公演…
だから今回はコンマスを譲ったけど…
負けを認めたわけじゃないのよ!!』

(三木・高橋、火花が散る!)

号泣している峰。

峰『清良…俺の真っ赤なルビー…』

拍手と歓声に包まれる会場。
大川「やっぱり、三木清良がいなくなるのは寂しいのう、なあ、松田君」
松田「ええ」

松田『しかし、このオケ…』

R,シュトラウス、ティル・オイレンシュビーゲルの愉快ないたずら。

松田『この前とは違う…本当に進化して…』

客席「ライジンスグターオケって、何人いるんだ?」

佐久間『毎年音大生は山のように卒業していくのに、プロオケの数は限られている。
どんなに実力があっても、それに入れるとは限らない。
力をもてあましている子がたくさんいる。
彼らの思いを受け入れる存在……それが、ライジングスター・オーケストラ!』

「ただいまより、15分間の休憩をいただきます」

<舞台袖で休憩中>
峰は千秋に。
峰「残る1曲は、ベートーベン交響曲第7番。Sオケで、お前が初めて指揮した曲だよな」
千秋「……」
峰「お前が巨匠にダメだしされた曲だ。失格デース、てか? ははは」

千秋『そう、やり残したままの曲』

「時間でーす」
峰「よっしゃ!」

千秋『これが…俺の日本での学生生活、最後の曲…』

ステージへと向かう千秋。

実家ののだめ、相変わらずゲームに没頭中。

次回、いよいよ最終回!

<次回予告>
のだめ「ふぉぉ~先輩とのだめ、感動のウェディングです」
千秋「嘘つくな!」



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト目次

のだめカンタービレOVA 感想
のだめと千秋の海物語

のだめカンタービレフィナーレ 感想
Lecon11
Lecon10
Lecon9
Lecon8
Lecon7
Lecon6
Lecon5
Lecon4
Lecon3
Lecon2
Lecon1

のだめカンタービレ巴里編 感想
Lesson11
Lesson10
Lesson9
Lesson8
Lesson7
Lesson6
Lesson5
Lesson4
Lesson3
Lesson2
Lesson1

のだめカンタービレ 感想
Lesson23
Lesson22
Lesson21
Lesson20
Lesson19
Lesson18
Lesson17
Lesson16
Lesson15
Lesson14
Lesson13
Lesson12
Lesson11
Lesson10
Lesson9
Lesson8
Lesson7
Lesson6
Lesson5
Lesson4
Lesson3
Lesson2
Lesson1

のだめカンタービレ(アニメ第1期) 終了記念ランキング!
<まとめ編>
<番外編>
<その他のキャラ編>
<千秋編>
<のだめ編>

のだめカンタービレ
のだめカンタービレ(アニメ) 2009年大晦日に一挙放送!
のだめカンタービレ最新22巻(DVD(OVA)付き初回限定版)が発売
アニメ「のだめカンタービレ巴里編」サウンドトラック 絶賛視聴中!
のだめカンタービレ巴里編 2008年10月放送開始!
のだめカンタービレ(アニメ)のサントラ ただいま絶賛中!
のだめカンタービレ(アニメ) ただいま考察中

のだめオーケストラジオ
第1回
Webラジオがスタート

のだめカンタービレの音楽会
のだめガラ編
桃ケ丘編


のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson23| のだめカンタービレ アニメレビュー(ホーム) | のだめカンタービレ(アニメ)レビュー Lesson21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。